ヒメゴト

ヒメゴト~十九歳の制服~第3巻あらすじ・ネタバレ・感想

「ヒメゴト~十九歳の制服~」は
電子書籍ストア「まんが王国」で配信中!

\無料会員登録で3巻タダ読みキャンペーン中/

今すぐ無料で試し読み!

※「ヒメゴト」で検索してください♪

ヒメゴト~十九歳の制服~3巻のあらすじ・ネタバレ

由樹と共に買い物に出かけた、
女装姿のカイト。

楽しい気分で買い物をするカイトだったが、
由樹は慣れないヒールのせいで
足を痛めていた。

カイトが由樹が歩くのを止めて
手当をしてあげていると…

由樹の顔が、赤らんで行くのが分かった。

(何…この顔…
まずい…
これは絶対、キスが影響してる…)

そう、由樹がカイトを
意識し始めていることに
カイトは気が付いてしまったのだ。

せっかく女友達ができたのに
こんなことで失いたくないと
思ったカイト。

そんなカイトは、
自分が美果子のことを
心から好きで憧れていることを
必要以上に強く由樹に伝え、
由樹には絶対に性的感情を
抱かないと断言した。

しかしそんな行動が、
由樹をさらに深く歪ませていったのだ…

翌日、大学に
いつも通り由樹が登校してきて
カイトと並んで授業を受けていた。

そんな姿を見た別の学生たちは
カイトと仲良くする由樹のことが
ムカつく、と悪口をいっていた。

一方のカイトは、由樹に
美果子と仲良くなるように
要求していた。

カイトは、由樹と美果子が仲良くなれば
自分も美果子と仲良くなれると
思っていたのだった。

その日の昼、
由樹と美香子は
一緒にお昼ご飯を
食べることになった。

そこで、由樹は
美果子にこんな質問をするのだった。

「もし永尾さんに憧れて
永尾さんと同じ格好する人がいたら
どう思う?

気持ち悪くない?」

同じ格好をしているのは
由樹だと勘違いをしたままの美果子。
「由樹に告白されるかも!?」と
ドキドキしながらこう答えた。

「気持ち悪くなんて全然ないよ?
憧れられてすっごく嬉しい!」

それを聞いて、
いつかカイトが女装姿で
美果子の前に現れたら
付き合うことになってしまう…と
ショックを受ける由樹。

そんな中、
突然雨が降ってきて
びしょ濡れになってしまった二人。

そんなときカイトの姿を見かけた由樹は
突然美果子の手を引いて
カイトから逃げるようにして
小さな喫煙所に
逃げこむようにして
雨宿りに行くのだった…

由樹の濡れた服を脱がせて、
自分も服を脱ぎ、
由樹に身体を寄せる美果子。

「こうしたら、あったかいよ…」

と、その瞬間!
二人を追っていたカイトが
喫煙所の中に入ってしまったのだ。

キャアアアアアアアアアアア!!!!

「すいません!!!」

そう言うと、逃げるように去っていくカイト。

 

ここにいては
人が来てしまうと思った美果子は、
由樹を連れて
ラブホテルに向かうのだった…

 

…この続きは本編で♪

「ヒメゴト~十九歳の制服~」は
電子書籍ストア「まんが王国」で配信中!

\無料会員登録で3巻タダ読みキャンペーン中/

今すぐ無料で試し読み!

※「ヒメゴト」で検索してください♪

ヒメゴト~十九歳の制服~3巻の感想

少しずつ、
登場人物たちの心情が
露わになってきた第3巻…

由樹は、カイトへの思いが
恋心だとハッキリ認識してしまいました。

しかし由樹に「男を作れ」というカイト。

その言葉が悲しくてたまらない由樹は
カイトを挑発して、
二人はベッドにいくんですよね…。

でもそこで、
この特別で大切な関係を
たった一回のことでぶち壊したくないと
泣いてしまうカイトが切なすぎる…。

あの瞬間、抱き合う二人は
誰がなんと言おうと
恋人なんかよりうんと深いところで繋がった
女友達だったはずです。

美果子の方も
あれだけ由樹のことを
好きだと思っていたのに、
性的な感情がわかないと
気づいてしまった。

美果子に感情移入しながら
読んでいる私には、
個人的には一番苦しいシーンでした。

そんな美果子の思いとは裏腹に、
美果子が風邪で大学を休んでいる間に
由樹はどんどん女の子らしくなって
可愛くなってしまいます。

休みから復帰した美果子が
由樹の姿を見たら
どんな気持ちになってしまうんだろう。

そして
カイトと由樹は本当に
女友達のままでいられるのでしょうか…?

「ヒメゴト~十九歳の制服~」は
電子書籍ストア「まんが王国」で配信中!

\無料会員登録で3巻タダ読みキャンペーン中/

今すぐ無料で試し読み!

※「ヒメゴト」で検索してください♪